09
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ちょっと語ってみたくなりました。

勤めに出るようになって、休日と夜しか交信ができなくなりましたが
最初は運転手の方々ばっかりだったのが
地元の人たちともお話させていただくようになり
私が無線機を乗っ取ったかたちになり
それまでヒロの友だちと会うことが多かったのでヒロの奥さん
だったのが、私の友達との地引網やバーベーキュ-が増えて
私の旦那様って呼ばれ方になった。
ヒロはそれが気に入らないらしい。

今のリグ (1)_256

子どもたちは無線のイベントで皆さんにかわいがってもらい
私達は子供から目を離すことが多くなりました。
小学5年になった、、かいが免許取りたいと言い出し
地元で昼間やる講習会があるまで待てず
平日学校から電車とバスで浜松の講習会へ
講習会が始まるまでの短時間にお弁当を食べて
9時まで。帰りはヒロが迎えに来て車でグターとなってました。
優はテル子さんとお留守番
何日通ったんだろう。頑張ったかいがあり、無事合格
無線の行事での歩きのフォックスハンティングも楽しみました。
ピアノのお迎えも無線でヒロと話しながら待っていたので
あと何分くらいでくるのかがわかり不安もなく教室の前で待ってました。
私もそれを家で聞いてて一安心でした。
優は4年の時地元の講習会にお世話になりました。
「寝ててもいいから静かにしててね」と座ってるのが苦痛な優に
世話人のおじさんに言われた、と。
マジ、優は良く寝てました。
私はヒヤヒヤしながらみてました。
それでも、無事合格したので「家で猛勉強させたでしょ」と
いわれましたが、親が教えて聞くわけもない子なのでいっさいかかわってません。
高校生になって携帯電話を持つまで
出かけてる私達に用があるときは無線で呼んできました。
知らない土地に来て、家のローンもあって、姑とおお姑と同居
無線でのお喋りでストレス解消してくれればって思いで
私の講習会を申し込んでくれたのかな?
意図はわかりませんが、
ほんの数年前まで、無線は我が家の生活そのものだったので
初心忘れずべからず、
毎年、恒例になった開局記念月のCQイベント
続けて行きたいとつくづく思った今年のCQでした。
やってて良かったアマチュア無線 です。
                         Some.

ちょっと語ってみたくなりました

結婚後の生活
アパートの管理人の許可を得て屋上にアンテナを立てさせてもらって
夜な夜な無線機を聞くがあまりロケーションが良くなくて
皆の声が聞こえてこない。
そのうち、住民から管理人が怒られて
(過去に問題があって、アマチュア無線はダメらしいが管理人は
まだ新しいのでそのことを知らず許可をくれた)
ウィークデーに1~2日小一時間かけて浜松の喫茶店で
無線仲間とティータイム 11時の閉店まで居ました。
無線は車からしかできなくなったので
週末はヒロの実家に泊まって無線って日も多かったです。
今のように携帯電話やメールがない時代
皆とキャンプに行ったヒロに連絡とってもらうために
不参加の無線仲間に電話したりもしました。
とにかく無線友達と過ごす日々
ここでカミングアウト。問題集で勉強して
名古屋まで国家試験受けに行きましたが
まだ、記述式のころだしヒロみたいにラジオ講座もきいてない私が
受かるはずもなく・・・

IMG_20160214_110542_256.jpg

皆には内緒です(笑) 内緒でお願いします。
独身だった仲間たちも(皆年上)結婚して
うちも娘が生まれました。
なぜか、仲間の子供たちも同学年
家族ぐるみの付き合い。バス借りてみんなで旅行などもしました。
子育ての話ができるのでとても嬉しかった。
そのうち、テル子さんとシゲ婆(ヒロの祖母)と同居して
実家を売って今の家を建てました。
無線機関係はすべてヒロの小遣いで、
広くなった庭にいくらしたのか知らないけど15mのタワーを立てました。
優を妊娠した時、ヒロが「講習会申し込んできたから」っと、
「何の講習会?」と聞くと「無線」って応え
上の級でも受けるのかと「誰が受けるの?」と聞いてみたら
私に講習会を受けろと言う。
はぁ? ローンで生活大変なのに講習会の費用は痛手です
まして、つわりでボロボロなのに勉強なんぞできるわけがない!
でも、申し込んでしまったので
行くしかない。合格率は90%らしい。
朝から夕方まで お昼はお弁当持ちです。
昼休みにはヒロがかいを連れてきて一緒に食べます。
かいもいい子にして、応援もしてくれるので座ってるがやっとの私も
2か月後の最終試験で合格できました。
ヒロは速攻で開局申請をします。
講習会を受けてる頃から、1階のテレビ横にスピーカーを置いて
台所でも聞こえるようにしてくれました。
帰るコールの電話の後、かいもスピーカーを気にして聞いてくれます。
そしてヒロの声が、聞こえると
「お父さん声した!」って教えてくれます。
最後の「バイパス移動」が聞こえると、
手を休めて、かいと2人で駐車場でヒロの帰りを待ちました。
無線は我が家の生活そのものです。
優が産まれてもそれはかわらず、内職しながら無線をする私
無線が私の仕事かな?っと勘違いするくらい
無線中は2人とも邪魔しに来ません。静かに遊んでます。
(優は無線中は私の目がないので
今はやりたい放題の時間だと安心していたずらも)
                            Some.
                      

ちょっと、語ってみたくなりました。

アマチュア無線と我が家(私)について
物語風になるので、カテゴリーは小説で(笑)

それは、10代の頃
ヒロに電話を掛けたある夜のことです。
遠距離電話で電話代も半端ないその時代
電話口に出たのはいくちゃん(ヒロの姉)でした。
「ちょっとまってね」ん?次に聞こえてきたのも再びいくちゃんの声
「いま、無線やってるから、あとでかけるって」とのこと。
無線!?  はぁ 
次のデート
駅まで迎えに来たヒロの車には無線機が有って
何やらアルファベット混じりの言葉が聞こえてきます。
とても、耳障り
食事の場所も考えてないヒロに私のイライラはMax
それが、私とアマチュア無線との出会いです。
家の事情で知らない土地にきて働くことになったヒロ
無口で人見知りするヒロに友達を作ることは無理だったのでしょう。
その人が無線で楽しそうに話をしてる。
メンバーは顔を合わすと言葉が出ない人たちばかりで
夜中にラーメン食べに行ったり、喫茶店に行ったり
シーーンとしてます。
ところが、車に乗って無線のマイクを持つと冗談が
出てくる、出てくる。 嘘みたいに盛り上がる会話ww
なんなんだこの人たち(爆笑でした)
みんな、とても優しい良い人ばかりです。

DSC03873_256.jpg

まだ、お昼前ですが
気持ちは思い出に浸って黄昏てます。
しばらく、
『ちょっと、語ってみたくなりました』
を、今年の恒例行事まで記事にしたいと思いますので
お付き合いいただければ嬉しいです。
                     Some.

社内恋愛禁止

聞いてびっくりの言葉でした。
ばれたらどちらかがクビになるらしい。
何のことはない。
私に言わせれば事務員を私物化したいだけに思えた
幹部たちは自分のお気に入りの事務員に
チョッカイを出そうとする。
いわゆるセクハラ
私は支店長に声をかけれた。
28歳だと本人は言うが40前に見える
真相はわからない。
必ず誰かと一緒にご馳走になることにした。
出張の土産に洋服を買ってきて押しつけられた。
全然好みじゃないので友達にあげる。物は良いらしい。
次の職場を探さなきゃと考え始めた。
ヒロとの結婚話は進まない(でも、いつか結婚するという)
悶々とした生活の中
集金係から誘われる。
楽しい。もっと会いたいと思うようになる
でも、ばれると彼がクビになるかもしれない
ケンちゃん。7歳年上で妻子あり
私に彼氏がいるのも承知だけど独占欲も強い
私が会社を辞めればケンちゃんはクビにならないだろう。
デートはケンちゃんの仕事についていくというドライブ
でも、良くない事だ
ケンちゃんともヒロとも別れようと決心し
静岡へ。
「遠恋はさみしいしケンちゃんと付き合ってた」
とヒロに告白してもヒロは別れてくれない。
かといって結婚もしてくれない。
このままダラダラといつまで続けるのか
「いつまでも、待つ女だとおもってるでしょ!」とはっきり言ったら
他の人と付き合ってたという言葉よりもびっくりしたヒロ
「いつまでも待たないから」と言って
私は大阪に戻りバイトを始めた

誘惑

就職決定。
新大阪駅へ歩いて10分!
仕事の内容も契約内容の電話確認
上下制服ありも利点だ
「受け付けは会社の顔」と上司は言う
コンピューターオペレーターまで
皆化粧バッチリ
私はほとんど化粧っ気なし
おまけに寄り道もしないので
通勤着はGパンにTシャツって
まるで中学生の夏休み衣装だ
それが、目立つのか田舎者だと騙しやすいと思うのか
営業からよく電話がかかる。
相手にしなかったけど淋しかった。
お金貯めるのもつまらなくなり
ご馳走してもらうのもいいかなって思い始めた

プロフィール

someちゃん

Author:someちゃん
ようこそ、Someちゃんのひとりごと、へ
日頃思いついたままのこと無責任に書いてます。
気ままに撮った写真を適当に載せてます。
私の気晴らしが、
皆様の気晴らしになれば幸いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる